• ¥300

発行者による作品情報

桜の季節がやって来たというのに、会社時代の同僚がやって来ない。特に宮本が来ないことが気になっていた甲斐は、南紀に住む宮本に電話をするが、電話に出ない。翌日、宮本の娘から電話が届く。宮本は闘病中だった――。定年退職後の人生を描く秀作、人生の末期に近付いた男たちの友情の物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
11
ページ
発行者
太陽堂出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
2.8
MB

高瀬甚太の他のブック