府内厠騒動1615

    • ¥1,400
    • ¥1,400

発行者による作品情報

2015年の夏大分県大分市で、

トイレをテーマにしたアートイベントが開催された。


この展示を見に行った僕は、

会場のエレベータで異常事態に陥った。


--------


著者あとがきより


大分市内で行われたアートイベントの催しの中で、会場となる中心市街地を舞台にした小説が作られると知った。このイベントや大分市の事をお題にした大喜利って事だ。おもしろそうなので書いてみることにした。

このイベントについて、もしくは出展の作品について事細かな描写を取り入れた物語にしてみようと考えていたのだけど、そういう事は別の専門家の方が取り組みなさるだろうし、プラスの事ばかりだけではないだろうから、やりづらそうと断念した。

奇しくも、2015年から400年遡る、1615年は、府内城を完成させたとされる「竹中重利公」の没年にあたる。

それならば、400年前の府内の城下町にもアートが散見されたと言う設定がおもしろそうだと考えた。

だが実際書き始めてみると、現代口語が通じるのか?・外国人は英語だったのか?・町の中を歩く距離感は?・犬はいるのか?・通行証や身分の違いは?・食事は?・水は豊富だったのか?、細かな疑問がいくつもの出てきて、作家の知識不足が露呈した。

この作品はタイムスリップをきっかけに始まるフィクションであるが、記述の中には専門家の意見を頂き事実に基づいて表現されている部分もあり、時代考証や表現の組み立てにご協力頂いた諸氏には心から感謝申し上げる。

また、400年前に出来上がったとされる府内城下町の構造は、現在でもほぼ当時のままを残しており、現在の中心市街地にある主要な道路や建物の位置は変わらずに残されていることから、本作品で描かれるタイムスリップは誰でもが体験できる事である。


水光心生

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2016年
3月4日
言語
JA
日本語
ページ数
230
ページ
発行者
海辺の小瓶
販売元
Masaharu Yamasaki
サイズ
946.4
KB

水光 心生の他のブック

2016年
2020年
2018年
2016年
2018年
2018年