Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2019年 6月号 [食を巡るローカルな旅。‪]‬

    • ¥800
    • ¥800

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

FOOD TRIP
食を巡るローカルな旅。

今、食通はなぜ地方を目指すのか。
旅の目的地にしたいフードスポット50。

近年、地方のレストランを目指して旅をするフーディー(食通)が増えています。
特色ある食材を調達し、郷土の調理法を取りいれ、
こだわりの空間と名産の器で料理を提供するレストランは、
その土地の魅力を知る“入口”にして、最大の旅の“目的地”。
ここだけにしかないおいしいものを求めて、ローカルな旅をしてみませんか?

FOOD TRIP
旅の目的地にしたいレストラン。
SHOKUDO YArn (石川・小松)/かしゆか、革新し続ける“食の職人”の店へ。
Maruta(東京・調布)/東京で出会う“ローカルファースト”。
acca(岡山・牛窓)/地物の魚とオリーブが生んだ牛窓イタリアン。
Restaurant UOZEN(新潟・三条)/一皿一皿に、新潟の自然がほとばしる。
farmoon(京都・銀閣寺)/食というインスタレーションを体感する空間。
柳家(岐阜・瑞浪)/最上の素材を、囲炉裏焼きで味わう。
イル・コテキーノ(山形・山形)/職人の技が凝縮されたサルーミを目指して。
胃袋(沖縄・南城)/素材の力を生かしきる“即興”料理。

A DAY OF FOODIES
フーディーの一日。
野村友里/〈eatrip〉の朝食に名店が集う理由。
平野紗季子/(大人なので)山菜にまみれる旅。

FERMENTATION
ローカル発酵食を食べる。
なぜ今地方の発酵食を食べるのか?/小倉ヒラク
1.どぶろく/とおの屋 要(岩手・遠野)
2.醤油/海宿真里(香川・小豆島)
3.いしり/ふらっと(石川・能登)
4.酢/aceto(京都・宮津)

ホンマタカシ TOKYO NEW SCAPES
祐真朋樹 Miracle Closet
櫻井翔 ケンチクを学ぶ旅。
古今東西 かしゆか商店
長山智美 デザイン狩人
小寺慶子 レストラン予報
ほしよりこ カーサの猫村さん
ソニア パーク 守りたいもの、伝えたいもの。
Chill Cars 時代を超えて愛される、デザインの良い車。

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2019年
5月9日
言語
JA
日本語
ページ数
154
ページ
発行者
マガジンハウス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
95.6
MB

カーサブルータス編集部の他のブック

2018年
2021年
2015年
2021年
2014年
2019年

このシリーズの他のブック

2019年
2019年
2019年
2021年
2021年
2021年