• ¥710

発行者による作品情報

東村アキコ氏絶賛「不倫の漫画を描くのに、とても参考になりました」

女が本当に怖くなる11の物語。


理由あって、都会から実家に戻った「私」は、年老いた母とペットのマルチーズと暮らしている。

時どき立ち寄るペットショップの女主人・中山圭子は、犬や猫をあやしながら、さり気なく飼い主から話を聞き出すのが得意。

圭子のもたらす情報が、「私」のどす黒い過去を甦えらせる――。


表題作ほか、婚期をのがした娘の子宮切除手術の前夜、娘の傍らで眠る父の悲哀と甘やかな妄想を描く「初夜」。

バーで独り飲む女にバーテンダーが語った奇妙な体験「眠れる美女」。

可愛かった妹の人生が低迷してゆくのを見守る兄の心理「いもうと」。

初めての不倫にふみだす妻のためらい「春の海へ」。

故郷の町に戻ってきた三人の女たちに渦巻くねたみと憎しみ「帰郷」など、10篇の恋愛官能小説集。


解説・東村アキコ


*本書は2005年6月に文藝春秋より刊行された文春文庫『初夜』を改題し、解説を加えた新装版です。収録している短篇は同じです。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
6月6日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.1
MB

林真理子の他のブック