• ¥510

発行者による作品情報

神様や妖怪が泊まりにやってくる出雲のお化けホテルに、マスコットキャラクターを作ろうという話が持ち上がる。櫻葉永遠子の発案で、桜の花びらを模した着ぐるみが誕生したが、どうにも評判がよくない。そこで、時町見初の提案で、兎の白玉をモチーフにしたキャラクターを作ることになった。兎をモチーフにした物語を小冊子にして配ったところ、なかなか好評で、ついにはイベントまで開催することに!笑って泣けるあやかしドラマ、待望の第六弾!

ジャンル
小説/文学
発売日
2019年
6月13日
言語
JA
日本語
ページ数
154
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
840.2
KB

硝子町玻璃の他のブック

このシリーズの他のブック