• ¥880

発行者による作品情報

豊穣の海を奪うのは誰か? 日本海を「東海」に変える韓国、豊富な魚介類と鉱物資源をかっさらう中国、年間200隻もの北朝鮮漂着船…略奪の海の惨状を徹底ルポ。領土問題だけじゃない、中国・韓国が脅かす日本の海洋資源!


日本は竹島、尖閣諸島、北方領土などの海洋安全保障に頭を悩ませてきた。しかし、実は領土問題だけでなく、日本の多くの海洋資源が隣国によって奪われようとしている。海洋学の第一人者が送る「海に守られた日本から、海を守る日本へ」変わるための提言書!


【本書の内容】

・自衛隊の隣接地が韓国企業に買われた

・泳いで漂着した北朝鮮人

・北西太平洋の支配は鄧小平の野望

・戦闘できる中国海警VS戦闘できない日本の海上保安庁

・現実的には「歯舞だけ」の可能性

・北方領土にバーはあってもキャバクラはない

・「逆さ地図」で見えてくる日本の潜在力

・離島を守る宮古島・奄美大島 他

ジャンル
政治/時事
発売日
2019
8月20日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3.5
MB

山田吉彦の他のブック