• ¥710

発行者による作品情報

ある日、肝細胞がんなる病名を突然告げられ、がーんとなった東海林さん。

約40日間にわたる「初体験入院日記」。手術に、病院生活、その後の治療などを振り返る。


ほか、「粉もん大好き」「ミリメシはおいしい」「流行語大研究」

「初詣はおねだりである」「そうだ、蕎麦食いに行こう」「ガングロを揚げる」など。


新井平伊医師(認知症専門医)との対談「認知症時代の“明るい老人哲学"」、

南伸坊氏・伊藤理佐氏との座談会「雑誌って面白い!」、

岸本佐知子氏(翻訳家)との対談「オリンピック撲滅派宣言『スポーツって、醜いよね?』」

の3本も収録。


解説は池内紀氏(ドイツ文学者・エッセイスト)。


『オール讀物』連載〈男の分別学〉を改題。


※この電子書籍は2017年3月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2019年
10月9日
言語
JA
日本語
ページ数
272
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
8.7
MB

東海林さだおの他のブック