• ¥1,000

発行者による作品情報

進学校の女子中学校での2人の女の子の仲違いから…ささやかなある現象が所々でほんのりと発生…?

すでに小学生のころには変な力があった小清水さんは周囲から少しゆがんだ目で見られていた。

そして、いつしか小清水さんは中学生になると…浮いた存在になっていた。

そんな小清水さんのしょぼい超能力をはるかだけは知っている。

女子校を舞台に思春期を迎える少女たち。本音と建前、大人とは違う小さな社会のなかですれ違う気持ち。

そして、はるかも目覚める。


▼著者紹介

藤野千夜

1962年、福岡県生まれ。千葉大学教育学部卒業後、出版社に勤務。

’95年「午後の時間割」で海燕新人文学賞を受賞してデビュー。

日常を軽やかに描きながら、すべてをやさしく抱きとめるような空気感を持ち、’98年には『おしゃべり怪談』で野間文芸新人賞を、2000年には「夏の約束」で第122回芥川賞を受賞。


【目次】

第1章中等部超能力戦争──小清水さんのおかしな力──

第2章春休みの乱

第3章さくらまつりの怪

第4章ガーリー先生

第5章大人の香り

第6章ひびわれ

第7章訣別

第8章退屈な場所

第9章小清水さんの逆襲

第10章超能力戦争ふたたび

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
3月16日
言語
JA
日本語
ページ数
199
ページ
発行者
インプレス
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
1.3
MB

藤野 千夜の他のブック