• ¥1,500

発行者による作品情報

ご長寿アスリートに学ぶ、晴れやかな生き方。


84歳から加圧トレーニングを始めたテニス選手!

72歳で世界大会2位になった100m走選手!

60歳から水泳を始めてマスターズに10年連続出場!

――70歳以上のいまだ現役アスリート24組を1年がかりで取材。


下は71歳の体操選手から上は89歳の棒高跳びの選手まで。加齢なる“二十四節気”!

自身の事情だけでなく伴侶をはじめとする家族の事情で、ここまで長く競技生活を続けるのは非常に困難なこと。それらをどう乗り越え、今でもはつらつと競技に打ち込んでいるのかを掘り下げる――。


マスターズ体操競技会のパイオニアである長田幸子さん(71)は言う。

「60歳で出場した時は『バカじゃないか』と言われました。でも仲間と『あと1年頑張ろう』『あと1年やってみよう』と励まし合って、ここまで来たんです。こうなったら体操は何歳までできるのか、試してみたい、好奇心というか冒険ですね」


なぜ彼らは、競技をやめないのか。24通りのその理由を知ると、自分もまだこれから、と思える。

人生100年、まだまだ大丈夫です!

ジャンル
スポーツ/アウトドア
発売日
2020年
3月26日
言語
JA
日本語
ページ数
216
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
15
MB

高橋秀実の他のブック