• ¥3,000

発行者による作品情報

コーア・クリント、ハンス J. ウェグナー、ボーエ・モーエンセン、フィン・ユール……なぜ、デンマークから数々の名作椅子が生まれたのか。



デンマーク家具のデザインについて、前史、クリントが礎を築いた萌芽期(1910~30年代)、黄金期(40~60年代)、衰退期(70~90年代中頃)、再評価期(90年代中頃以降)を経て、現代に至るまでの変遷をわかりやすく紹介した書籍です。

写真、図(デザイナーの相関図など)、年表などを多用し、ビジュアルにも訴えます。



特に、デンマークに留学経験のある著者が、現在活躍中のデンマークのデザイナーへのインタビューを踏まえて、デンマーク家具デザインの最新情報を紹介しているのも本書の特徴の一つです。



[各章(CHAPTER)のポイント]

CHAPTER 1

家具デザインの歴史を理解する上で、押えておきたいデンマークの基礎知識や、デザインがデンマークに広く定着した背景などについて。



CHAPTER 2

ヴァイキングが活動していた頃から現代に至るまで、デンマーク家具がどのような変遷をたどってきたかの概略。



CHAPTER 3

コーア・クリントをはじめ、ハンス J. ウェグナー、フィン・ユール、ポール・ケアホルムなど、黄金期において特に活躍したデザイナーたちの生い立ちや実績について。



CHAPTER 4

家具デザイナーや建築家の活動を支えた、主な家具職人やメーカーについて。



CHAPTER 5

どのような流れで衰退期から再評価期へ向かっていったかの解説と、キャスパー・サルトやセシリエ・マンツなど現在活躍中のデザイナーたちの活動や考え方の紹介。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2019
10月3日
言語
JA
日本語
ページ数
274
ページ
発行者
誠文堂新光社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
114.2
MB