• ¥3,600

発行者による作品情報

※電子書籍版には、書籍版に付属している赤透明シートはございません。



携帯電話の基地局や衛星通信、マイクロウェーブ回線の事業者にとって必要不可欠な無線従事者の資格が第一級陸上特殊無線技士で、受験者の一番多い資格です。



2019年2月期、6月期、10月期までの最新国家試験を完全収録しています。

合格率の低い第一級陸上特殊無線技士の国家試験ですが、本書で「法規」「無線工学」の過去出題のずばりの問題パターンと、そのヒント解説を覚えれば、合格近道へとなります。

2年に一度刊行し、毎回、新問題を多く収録しています。



出題問題を吟味して系統的に扱うことによって容易に正答を求めることができるよう配慮しました。

出題問題の番号ごとに整理し、同類の問題も見分けられるようにしています。

むずかしい問題も、どこに正答のポイントがあるのかを「ヒント」と「ワンポイントアドバイス」として用意しました。

ワンポイントアドバイスは、抵抗やコンデンサ、コイル、半導体などの基礎的に項目については省略し、とくに重要な科目であるデジタルやマイクロ波、そして多重通信、マイクロ波の電波伝搬などに関するものをまとめてあります。



設問への習熟度を自己チェックできるようにし、さらに効率的に学習できるよう、ポイントと解答を伏せることができる赤透明シートを付属させています。

また模擬試験も設けています。

ジャンル
職業/技術
発売日
2020年
3月11日
言語
JA
日本語
ページ数
466
ページ
発行者
誠文堂新光社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
199.1
MB