• ¥1,800

発行者による作品情報

囲碁において、切断はもっとも厳しい攻撃法です。

相手の陣形を2つに分断することで、それぞれを弱体化し、個別撃破に持ち込むのがねらいです。

しかし、切断を仕掛ける側も、仕掛けた石が一瞬孤立するため、反撃されるリスクの非常に高い作戦でもあります。

本書は切断が巧くいくかどうかについて、定形での切断のねらい、またプロの切断実戦例を多く取り上げ、切断が効果的に行われる局面、また切断が巧くいかなかった局面を検証し、切断成立の可否について詳細に検討します。

著者は攻撃が非常に得意で、切断の技法も多く用いている金秀俊八段です。

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2015年
10月1日
言語
JA
日本語
ページ数
209
ページ
発行者
誠文堂新光社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
69.1
MB

金秀俊の他のブック