• ¥1,800

発行者による作品情報

囲碁において、打ち込みは戦いの起点となる着手です。

打ち込みからは激しい戦いの連続となるため、その収束までは緊迫した局面が続きますが、実際には打ち込みが行われた瞬間にはその結末まで見えていなければいけないはずです。

本書は打ち込みが巧くいくかどうかについて、必要な準備作業を確認します。

準備が滞りなく行われていることを確認したうえで打ち込みの効果が最大に発揮されることを確認し、また過剰に準備を重ねていると打ち込みの機会を逃してしまうこと、逆に準備をかけて打ち込んでも特にならない局面などを取り上げ、打ち込みの成否と効率について秋山次郎九段が徹底的に解説します。

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2014
12月8日
言語
JA
日本語
ページ数
209
ページ
発行者
誠文堂新光社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
72.1
MB

秋山次郎の他のブック

このシリーズの他のブック