• ¥3,200

発行者による作品情報

2014年は若手棋士が躍進し、ベテラン勢と正面衝突した年となりました。

中でも中国棋士の躍進は目覚ましく、柁嘉熹、金志錫といったニュースターが誕生しました。

一方、日本勢の巻き返しもあり、グロービス杯U-20戦では一力遼と余正麒の日本代表二人が決勝戦を争いました。

古力と李セドルの十番碁も注目を浴びました。

勝者8400万円(敗者340万円)という破格の賞金で争われた真剣勝負は、世界中の囲碁ファンの視線を釘付けにしました。

これらの世界戦の決勝戦・準決勝戦・注目局を詳細に解説。

以前にも増してスピード重視が進んだ世界レベルの考え方を、余すところなくお伝えします。

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2015年
4月6日
言語
JA
日本語
ページ数
330
ページ
発行者
誠文堂新光社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
156.4
MB

囲碁編集部の他のブック