• ¥1,500

発行者による作品情報

テレビ、ツイッターで話題!

この本を読めば、敏感さ(HSP/HSC)がわかる!



□すぐにびっくりする

□いつもと違う臭いに気づく

□興奮したあとはなかなか寝つけない

□たくさんのことを質問する

□服がぬれたり、砂がついたりすると、着替えたがる

□うるさい場所を嫌がる



……もしも1つでも当てはまるのなら、その子は「敏感すぎる」子どもかもしれない。



「なんだかママが悲しそう」、「あの人は嘘を言っている」……。

感受性が鋭く、ほかの子が気づかないことを察して1人で気をもんでしまう「敏感すぎる」子どもたちがいる。



5人に1人といわれる敏感気質=HSP(Highly Sensitive Person)。



HSPの子ども版であるHSC(Highly Sensitive Child)は、小さなことを気にして傷ついてしまったり、ほかの子どもが難なくやってのけることに抵抗を感じてできなかったり、友達ができなかったり、ふだんはおどおどしているくせに、ふとしたときに大人がぎょっとするような鋭いことを言ったり。

大人や周囲の子どもたちから「ちょっと変わってる」と思われている、あるいは、それを隠そうとして「いい子」を演じている子どももいる。



でもその敏感さは、その子が弱いのではなく、わがままなのでもなく、生まれ持った気質なのです。



HSPの子どもたちは、理解のない大人から「扱いにくい」「育てにくい」と煙たがれることも多い。

そしてそういった大人のマイナス感情は、まだ自我の弱い鋭敏な子どもたちの心の中にどんどん入り込み、自分は面倒な子、ダメな子、と自らを否定し続け、やがて問題をかかえた「生きづらい大人」として成長してしまうのだ。

不安障害や愛着障害、解離性障害など精神疾患を併発してしまうこともある。



一方、HSCの豊かな感受性や直感力は、上手に伸ばせば芸術性の高い仕事やクリエイティブな仕事、人の繊細な心を扱う仕事、根気のいる研究の仕事など、世の中に貢献する大きな才能につながるケースが多いのも事実。

HSPは生まれつきなのだから、神経質で、敏感すぎるのも生まれつき。

敏感さを克服させるのではなく、長所としてとらえ、ありのままの個性を伸び伸びと生かしてあげることが、じつは大切なのだ。



母親か父親、学校であれば1人の先生でも、HSPの子どもを理解してあげられれば、子どもは救われるのです。



本書は、HSP/HSCの臨床医としての豊富な経験をもつ著者が、敏感な子どもたちのさまざまな特徴や傾向を解説し、敏感気質を才能として輝かせる方法を紹介していく。



本書の一部をWEBマガジン「よみもの.com」にて無料公開中!

ジャンル
子育て
発売日
2017年
6月15日
言語
JA
日本語
ページ数
162
ページ
発行者
誠文堂新光社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
9.5
MB

長沼睦雄の他のブック