• ¥2,000

発行者による作品情報

アペリティフとは、飲み物とおつまみで友人たちとおしゃべりを楽しむこと。

美食家で暮らしを楽しみ、人と人との交わりを大切にする現代のフランス人にとって、日々の生活に欠かせない習慣になっています。

「アペロしない?」が仲間を誘うときの定番フレーズ。

仕事終わりや週末のひとときに、自宅やカフェや公園などで、気の置けない人たちと軽い食事をしながら交流しています。



フランス政府は、毎年6月の第一木曜日を「アペリティフの日」と定め、世界中でイベントを開催。

日本でも「アペリティフ365」と題して、代官山をはじめとして日本全国でアペリティフの習慣の促進、普及を目指したイベントが開催されています。



本書は、日本で初めてのアペロレシピ本。

クレープ、キッシュ、ベジネーズ、パピヨット、ポップオーバー、サンドイッチ、ラングドシャ、マカロン、タルトタタン、マドレーヌなど、ひと口サイズのおつまみとドリンクのレシピ約120品を紹介しています。

各レシピには、著者ならではの料理の歴史や背景、文化などのミニ情報付き。

アペロに欠かせないお酒とチーズを解説したミニ事典も付いています。



ホームパーティを楽しむ人から、自宅サロンで料理やお菓子の教室を主宰する方まで、人をもてなし機会のある人におすすめの一冊です。

ジャンル
料理/酒
発売日
2017
May 12
言語
JA
日本語
ページ数
146
ページ
発行者
誠文堂新光社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
91
MB

吉田菊次郎 & 村松周の他のブック