陶工房No.96

    • ¥2,000
    • ¥2,000

発行者による作品情報

特集:やきもの技法事典

今号の特集は、成形から装飾、焼成まで43の基本技法を掲載した「やきもの技法事典」です。

轆轤や手びねりなどの成形方法から始まり、練込やしのぎといった成形時の装飾、粉引や飛びカンナ、象嵌など生素地へのさまざまな装飾、絵付けや釉薬装飾、薪窯による窯変などまで盛りだくさんの内容です。

作陶はもちろん、器を買う人、もっと知りたい人にも役に立つ1冊です!



■CONTENTS

特集:やきもの技法事典

成形から装飾、焼成まで4 3 の基本技法を掲載



1 成形方法

轆轤成形/手びねり成形/タタラ成形/鋳込成形



2 成形時の装飾

縄文/練込/透かし彫り/蛍手/しのぎ(鎬)/面取/彫り/レリーフ



3 生素地への化粧装飾

刷毛目/粉引/蚊帳目・布目/掻き落とし/飛びカンナ/三島手/イッチン描き/スリップウェア



4 生素地への装飾

彩泥(泥彩)/色化粧/象嵌



5 素焼き素地への絵付け

鉄絵/染付/和紙(布)染/彩磁/釉裏紅



6 素焼き素地への釉薬装飾

重ね掛け/掛け分け/ロー抜き(ゴム抜き)/釉彩



7 薪窯による窯変

備前焼の景色/備前の登り窯の構造と焚き方/焼締陶の景色



8 本焼き素地への絵付け

釉上彩(イングレーズ)/上絵(和絵の具・色絵)/上絵(洋絵の具)/金銀彩



9 伝統様式の釉薬

自然釉/灰釉/青磁釉/黄瀬戸釉/志野釉/織部釉/白萩釉/白マット釉



コラム

●陶器と磁器の見分け方

●彩泥(泥彩)と色化粧の違い

●釉裏紅と辰砂の違い

●酸化焼成と還元焼成と炭化焼成

●日本のやきものと薪窯の変遷

●「釉彩」と「釉上彩」と「上絵付け」の違い

●釉薬に関する素朴な疑問



連載

●陶芸最前線27 /外舘和子

●手びねり陶芸 基本の”き“!/森悠紀子

●美しい磁器をつくる/奥絢子

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2020年
2月26日
言語
JA
日本語
ページ数
123
ページ
発行者
誠文堂新光社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
80.6
MB

陶工房編集部の他のブック

2019年
2019年
2020年
2018年
2019年
2019年