• ¥710

発行者による作品情報

「東京五輪を成功に導けるなら、いくらでも
この身が犠牲になっていい」――。再発した
ガンと闘いながら、組織委員会会長としてオ
リンピック・パラリンピック開催に奮闘する
元総理が目の当たりにした驚愕の真実。誰の
ための五輪か? スポーツは政治の道具なの
か? これまで明かされることのなかった政
治家、森喜朗の明鏡止水。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
4月8日
言語
JA
日本語
ページ数
214
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
8.2
MB

森喜朗の他のブック