薬物依存‪症‬

    • 4.8 • 13件の評価
    • ¥1,500
    • ¥1,500

発行者による作品情報

覚醒剤取締法違反による衝撃の逮捕から4年。

執行猶予が6月15日に明けるのを機に、

罪をつぐなった清原氏が、薬物依存の怖さ、うつ病との戦い、

そして、家族の支えについて語る。


――清原氏が本書で語った胸中――

「10年も薬物をやめていた人が再犯で逮捕と聞くと怖くなる」

「(薬物を)最後の1回だけ、と考えている自分がいるんです」

「執行猶予が明けたからといって、僕が立派な人間になれるわけじゃない。

それを期待されているんだとすると、辛いです。

一生、執行猶予が明けなければいいとさえ、思ってしまいます」

「この4年間、うつ病にも罹り、本当にキツかった。

マンションのバルコニーから下を見て、

死にたいと思ったことは、一度や二度ではありません」

「息子たちと再会して顔を見るなり涙があふれて『ごめんな』とただ泣いていました。長男は『大丈夫だよ』と笑ってくれて、涙が止まりませんでした」

「元妻の亜希は、息子たちに僕の悪口を言わなかったらしい。

どう感謝したらいいのか……」

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2020年
6月15日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3.9
MB

清原和博の他のブック

2020年
2009年
2019年