日本蒙昧前‪史‬

    • ¥2,000
    • ¥2,000

発行者による作品情報

語りの魔術で蘇らせる、戦後日本の生々しい手触り。

戦後を彩った様々な事件とその陰にある無数の生を描き出す長篇。


大阪万博、三島由紀夫の自決、五つ子ちゃん誕生、ロッキード事件、グリコ・森永事件、密林に28年身を潜めていた元日本兵──。

もはや忘れ去られてしまった無数の「虚構ではない人生」を通じて、あの「蒙昧」の時代の生々しい空気が浮かびあがる。

変幻自在の語りを駆使した芥川賞作家、会心の作。


“我々は滅びゆく国に生きている、

そしていつでも我々は、その渦中にあるときには何が起こっているかを知らず、

過ぎ去った後になって初めてその出来事の意味を知る──“

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
6月26日
言語
JA
日本語
ページ数
248
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1
MB

磯崎憲一郎の他のブック

2021年
2011年
2012年
2017年
2017年
2012年