• ¥1,300

発行者による作品情報

野村克也の言葉学。


[スペシャルインタビュー(1)]

古田敦也

「言葉の雨で学んだ理論と駆け引き」


[スペシャルインタビュー(2)]

高津臣吾

「監督の言葉は答えでなく問いだった」


[冒頭講義]

野村克也の言葉学総論。

「人を見て法を説け」


[“開花”の年の決意]

「ID野球、3年目の収穫」


['93年日本シリーズ密着記]

「口撃録」


[日本一の采配を振り返る]

「ID野球の勝利宣言」


[歴代参謀の証言]

「ID野球とは何だったのか」


[球春師弟対談]

野村克也×江夏豊

「ノムラの新風、トラの息吹」


[名将去って万骨実る]

「阪神を変えたノムラの種」


[楽天での4年間を終えて]

「もう1年やれたなら」


[月見草の独白]

「器用は弱し、不器用は強し」


[野村ノート誕生秘話]

「書くことで人は伸びる」


[Numberで振り返る]

野村克也名言大辞典

増補改訂版


名将の言葉学。


[巨頭対談]

川上哲治×広岡達朗

「近代野球の先駆者として」


[V9から常勝西武へ]

森祇晶「継承された七つの掟」


[魔術師の極意]

仰木彬「仰木マジック10カ条」


[福岡にもたらした初栄冠]

王貞治「頂点への三原則」


[非管理型指揮官の回想]

権藤博「自分らしさを貫いて」


[若手の心を動かす極意]

星野仙一「闘将の叱る技術」


[V戦士たちの証言]

落合博満「オレ流で説いた“理”」


[WBC連覇と日本一]

原辰徳「勝ち続けるための監督術」


[日本シリーズ70年で振り返る]

名将と言葉の変遷史。

ジャンル
スポーツ/アウトドア
発売日
2020
6月25日
言語
JA
日本語
ページ数
114
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
65.1
MB

文藝春秋の他のブック