• ¥780

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

2人の医師が教える、免疫力を強くする
疲れない体の作り方

疲れやすい人は食べ方や暮らし方が、
ちょっと間違っていると感じることが多いと、
内科医で漢方医でもある工藤孝文さんが言います。
生活習慣病や肥満の患者さんの多くが疲れやすく、
工藤さんのアドバイスで暮らし方を変えたら、
疲れが消えた人が多くいるそうです。

疲れない体をつくることは難しくありません。
いつも使う食材の調理法を変えてみる、
いつ、何を食べるかを気にしてみる。
疲れに強い体づくりという目的をもって、
筋トレやストレッチに取り組む。
特別な食材も道具も時間も必要ありません。
毎日の暮らし方を見直し、
新しい習慣づくりのヒントを取材してきました。

脳も、疲れと深い関わりがあります。
ロサンゼルスで精神科医として活躍する
久賀谷亮さんは、疲れと脳の関係をひもときます。
脳は何もしていなくても勝手に働き続け、
どんどん疲れてしまいます。
やがて日常生活や仕事の質の低下につながります。
脳を休ませるのに効果を上げているのが、
久賀谷さんが診療に取り入れているマインドフルネス。

ジャンル
健康/心と体
発売日
2020
6月26日
言語
JA
日本語
ページ数
84
ページ
発行者
マガジンハウス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
54.1
MB

マガジンハウスの他のブック

このシリーズの他のブック