ホワイトラビット(新潮文庫‪)‬

    • 4.1 • 52件の評価
    • ¥740
    • ¥740

発行者による作品情報

兎田孝則は焦っていた。新妻が誘拐され、今にも殺されそうで、だから銃を持った。母子は怯えていた。眼前に銃を突き付けられ、自由を奪われ、さらに家族には秘密があった。連鎖は止まらない。ある男は夜空のオリオン座の神秘を語り、警察は特殊部隊SITを突入させる。軽やかに、鮮やかに。「白兎事件」は加速する。誰も知らない結末に向けて。驚きとスリルに満ちた、伊坂マジックの最先端!(解説・小島秀夫)

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
7月1日
言語
JA
日本語
ページ数
263
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
1.5
MB

カスタマーレビュー

使いやすいてす。

ザ・伊坂幸太郎ワールド

伊坂幸太郎作品の王道。
読み進めながら、絶対騙されないぞ…と思いながらも、まんまと罠にハマって…笑
文字数もそんなに多くないし展開も早くとても読みやすい。
伊坂幸太郎を、これから読んでみたいなって人や、昔読んでたけど、最近読んでなかったなって人にオススメ。

ヌード最高

謎解きの面白さ

 内容が少し複雑で、読みにくい部分もあったが、真相が早く知りたくて、夢中になって読む部分もあった。

伊坂幸太郎の他のブック

2007年
2013年
2008年
2017年
2006年
2013年

カスタマーはこんな商品も購入

2020年
2011年
2020年
2019年
2019年
2010年