• ¥1,500

発行者による作品情報

牛、羊、鹿、鴨、ホルモン、鯨……

うまい肉が生まれる現場にはソウルがある!


・“害獣”を地域の恵みに変えた島根県美郷町モデル

・「肉にも旬がある」ジビエ料理のフロンティア

・常識の壁を乗り越え、馬肉文化を守り抜いた熊本の挑戦

・「捨てていたもの」から価値をつくり出す職人芸とは?

・「露地養殖」という“非効率”が異界の味わいを生む……etc.


それぞれの土地で培われた〈知恵と技〉が日本の食の未来を照らし出す


歩いて、食べて、考えた。

“食の未来図”をまるごと味わう傑作ノンフィクション!

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2020年
7月16日
言語
JA
日本語
ページ数
276
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
12.1
MB

平松洋子の他のブック