日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば‪?‬

CreateMedia その他
    • ¥1,300
    • ¥1,300

発行者による作品情報

親からの虐待を生き延びたサバイバーたちが書いた、訣別と希望と勇気の100通


児童虐待の相談件数はこの25年間で100倍に増え、

5日に1人の割合で虐待によって子どもが命を落としています。少子化を憂える一方で、子どもの人権や命が軽んじられている、それが今の日本の現状です。本書は、親に書いた手紙という形式によって、当事者の過酷な親子関係を世に伝え、子どもの人権が守られない日本の現状に100石を投じます。


【目次】

はじめに—不当ながまんを強いられる子どもたち


Ⅰ 気づく

私にも意志がある

いけにえ

プレゼントはゴミ箱に

見えないんだよ

衣食住の権力者 ほか


Ⅱ 戦う

できるなら惨殺したい

サンタさんへのお願い

殺さない理由

毒のゴミ箱

見捨てるのは怖い ほか



Ⅲ 出あう

お母さんは知らない

思い出すと苦しい

「おまえは悪魔だ」

死んだら負け

お父さんの殺し方 ほか


Ⅳ 変わる

あなたを捨てます

私の親は仏様

気づくのが遅すぎた

殴られても蹴られても

ねじ曲げられた私 ほか

「ほか」


選者解説

壮絶な痛みと苦しみを経て 東 小雪

「ありのままの姿」をさらす親たち 信田さよ子



おわりに 勇気ある行動によって



STOP! 児童虐待100プロジェクト

謝辞 本書の出版を支援してくださったみなさんへ



応募手紙の全文と編著者のメッセージを閲覧・視聴する方法


【著者】

CreateMedia

Create Mediaは、フリーライター今一生(こんいっしょう)が編集者として活動する際の名称。今一生は1965年、群馬県に生まれる。千葉県立木更津高校卒、早稲田大学第一文学部除籍。1997年、親から虐待された人たちから公募した手紙集『日本一醜い親への手紙』の三部作をCreate Mediaとして企画・編集。「アダルトチルドレン」ブームを牽引する。Create Media の編著書には『子どもたちの3.11』(学事出版)、今一生の著書には、『社会起業家に学べ!』(アスキー新書)などがある。


信田さよ子

臨床心理士、原宿カウンセリングセンター所長。1946年、岐阜県に生まれる。駒木野病院勤務、嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室室長を経て、1995年原宿カウンセリングセンターを設立。アルコール依存症、摂食障害、ひきこもり、ドメスティック・バイオレンス、児童虐待に悩む人たちやその家族のカウンセリングを行っている。


東小雪

元タカラジェンヌ、LGBTアクティビスト、株式会社トロワ・クルール取締役。1985年、石川県金沢市に生まれる。実父からの性虐待を告白した著者『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』(講談社)を2014年に上梓。LGBTや性虐待をテーマにした講演・支援活動を展開している。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
7月17日
言語
JA
日本語
ページ数
264
ページ
発行者
株式会社dZERO
販売元
Voyager Japan, Inc.
サイズ
2.5
MB