スマホ料金はなぜ高いのか(新潮新書‪)‬

    • 4.0 • 1件の評価
    • ¥800
    • ¥800

発行者による作品情報

菅官房長官が「スマホ料金4割値下げ」をぶちあげてから早や2年。5G対応や急増するテレワークなど通信インフラ大変革の時にあって、日本の通信料金は高止まりしたままだ。背景には、NTTドコモをはじめ大手3社による寡占市場、歪んだ料金体系と収益構造、官民の馴れ合い体質がある。誰が悪いのか。何が改革を邪魔しているのか。通信業界に長年身を置いた著者が全てを明かす。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2020年
7月17日
言語
JA
日本語
ページ数
138
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
7.8
MB

山田明の他のブック

2021年
2021年
2020年
2018年
2017年
2017年