げいさ‪い‬

    • 4.8 • 4件の評価
    • ¥1,800
    • ¥1,800

発行者による作品情報

まさに鬼才。

過激に、独創的に、第一線を走り続けてきた現代美術家、会田誠。

その活躍は、いまホットな美術界だけにとどまりません。

「とにかく信じられないくらい文章がうまい。ほれぼれしちゃう」と、吉本ばななに言わしめたエッセイ。高橋源一郎、斎藤美奈子らが激賞した処女小説『青春と変態』。そんな会田誠が、最初の構想より30年以上、執筆に4年の歳月を費やした長編小説です。

1986年11月。新潟・佐渡の田舎から上京してきた美術予備校生の主人公は、多摩美術大学の学園祭(通称「げいさい」)に出かけ、そこで濃密な一夜を体験します。

昭和終盤、主人公らが目指す東京芸大入試はまさに最難関かつ過激、でした。当時を、当事者である筆者が小説の形式で描いた本作は、そのまま現代日本美術界への真摯な問いををはらんでいる、とも思われます。

この4年間、フォロー数約10万のツイッターでも、たびたび本作については言及されてきました。そんなファンだけでなく、各界の著名人も待ちわびた待望、渾身の一作です。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
8月6日
言語
JA
日本語
ページ数
320
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.5
MB

会田誠の他のブック

2013年
2016年
2016年
2015年
2021年
2016年

カスタマーはこんな商品も購入

2020年
2019年
2019年
2018年
2020年
2020年