令和にほえろ! 昭和トリビア集【文春e-Books‪】‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

「文春オンライン」に掲載したコラムを20本収録!

昭和の子供・大人たちを熱狂させたマンガ・アニメ・映画・TV番組にまつわるトリビアや、

2019~2020年に逝去した作家、俳優、声優、脚本家の追悼コラムを集めたオリジナル電子書籍。

表紙はマンガ家・唐沢なをきさんの描き下ろしです。


目次

■名作編

「なまけ者になりなさい」繊細な原画に宿る水木しげるの魂と精神

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の元ネタの秘密

コロコロ読者に衝撃を与えた「酒に酔ったウルトラマン」

ブラック・ジャックは、もうひとりの手塚治虫?

漫画の神様は “連続テレビアニメーション”の神様でもあった

『なつぞら』のアニメーション時代考証・小田部羊一さんインタビュー 

前編・「あの人とだけは結婚しないように」と言われ...... 

後編・『太陽の王子 ホルスの大冒険』はこうして作られた

令和に再評価されるべき幻の名作『巨神ゴーグ』

伝説の特撮番組「ウルトラファイト」は何がスゴイのか


■追悼編

小池一夫のもうひとつの偉業

鏡の国に還った俳優、石田信之

名匠たちが愛した八千草薫

反骨の志士を演じ切った声の名優、井上真樹夫

上原正三が手がけた、ある作品の衝撃的なラスト

志村けんにサインをお願いしたら「ドリフ全員分」書いてくれた話

ジョージ秋山との忘れられない電話

あの特撮番組の曲も手がけた、服部克久の仕事

五島勉の『ノストラダムスの大予言』に、あの作品も影響を受けていた

家計を支えるために13歳でプロデビューしたマンガ家、桑田二郎

松田優作も惚れた俳優、渡哲也の記憶


巻末対談 唐沢なをき×岩佐陽一「昭和は熱く歪んでいた!!」

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
10月30日
言語
JA
日本語
ページ数
111
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
11.3
MB

岩佐陽一の他のブック

2018年
2019年
2020年
2020年
2020年
2001年