本屋が選ぶ時代小説大賞2011~2020【文春e-Books‪】‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

2010年代の読むべき作品がわかる!珠玉の時代小説リスト


前年10月からその年9月までの1年間に刊行された時代小説の中から、

ベテラン書店員がその年一番面白いと思った作品を選ぶ「本屋が選ぶ時代小説大賞」。

毎年「オール讀物」12月号で発表される同賞は、2020年で10回目を迎えました。


第1回から第10回までの大賞作は、平安から昭和まで、主人公も仏師や武将、女性歌人など時代小説の豊かさを表す傑作揃い。

「オール讀物」に掲載の歴代受賞者インタビューをはじめ、各年の読むべき時代小説20〜30作品の紹介が一冊になりました。

第10回(2020年)の選考会の様子、澤田瞳子・朝井まかてによる歴代受賞者対談も特別収録。

2010年代の時代小説の魅力を網羅した完全保存版です。


<歴代大賞作品>

2011第1回『黒南風の海加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』伊東潤

2012第2回『満つる月の如し』澤田瞳子

2013第3回『一路』(上・下)浅田次郎

『恋歌』朝井まかて

2014第4回『異国合戦蒙古襲来異聞』岩井三四二

2015第5回『もののふ莫迦』中路啓太

2016第6回『室町無頼』垣根涼介

2017第7回『会津執権の栄誉』佐藤巖太郎

2018第8回『葵の残葉』奥山景布子

2019第9回『熱源』川越宗一

2020第10回『商う狼江戸商人杉本茂十郎』永井紗耶子

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
12月22日
言語
JA
日本語
ページ数
242
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
24.1
MB

オール讀物編集部の他のブック

2016年
2018年