• ¥800

発行者による作品情報

旅の空にある磐音らの無事を祈りながら暮らす江戸の面々。


御典医の桂川甫周を妻のお有とともに訪ねた品川柳次郎は、磐音から書状が届いたことを聞かされる。


しかし、その帰路、尚武館佐々木道場が取り壊される現場を目の当たりにするのだった。


姥捨の郷で空也の成長を見守る磐音。

江戸帰還を決意し、その大きな障壁である田沼一派の唐人刺客を倒すため、迫る戦いに備えるが……。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
9月2日
言語
JA
日本語
ページ数
384
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
2.4
MB

佐伯泰英の他のブック

このシリーズの他のブック