• ¥800

発行者による作品情報

すべての棋士にはドラマがある。

盤上で魂を削りあっている棋士のストイックな佇まいを描きたい、

技術はわからなくても、その筋書きのないドラマを伝えたい。

そんな思いから生まれた、将棋の魅力が詰まった

すべての将棋ファンに送る1冊!


一章 「藤井聡太と若き才能」

棋士18人が証言する「藤井聡太、進化の過程」

「教授」勝又清和七段の<王位戦と藤井聡太>回想録

佐々木大地五段 将棋は生きる希望だった

西山朋佳女流三冠 三段リーグの藤井聡太戦

斎藤慎太郎八段 名人挑戦への道「4強に五分以上で」

広瀬章人八段 対局で感じた藤井聡太二冠の進化と成長

野原未蘭女流1級 秘伝の将棋「英春流」

東大将棋部と藤井聡太ほか

二章 羽生世代と見果てぬ夢

藤井猛と行方尚史、二人は戦友

さよなら、八王子将棋クラブ

深浦康市九段 諦めない「粘りの棋士」

桐山清澄九段 73歳現役最高齢棋士「幕を閉じた順位戦」

豊川孝弘七段 こうしてできたオヤジギャグ

山崎隆之八段 初のA級へ「齢40にして強くなる」など

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2021
3月9日
言語
JA
日本語
ページ数
144
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
74.5
MB

文藝春秋の他のブック