• ¥1,100

発行者による作品情報

「発達症」「発達障害」と名がつくと、何かとても大きく人と違ってしまった感じを受ける方もまだまだ少なくないことでしょう。

けれどそれは病気や障害ではない、もし何かにカテゴライズするとしたならば「特性」という言葉が一番しっくりくるといった質のものなのです。

「うちの子、なんかちょっと人と違うのかな?」「私の子育て、楽じゃないなぁ」と感じている皆さんに、ぜひ手に取っていただきたい1冊です。


【目次】

まえがき

第一章子どもの目線で見る

エピソード1人の言うことを聞かない子ども、本当は何を考えているの?

エピソード2子どもに「なんでわかってくれないの?」って思っていませんか?

エピソード3あまりにもマイペースな我が子、一体いつまで待つのが正解ですか?

エピソード4いきなり人の家の冷蔵庫を開けちゃう子?ルールやマナー、一方的に押し付けていませんか?

エピソード5間違っているのが子どもとは限らない?忘れ物は誰のせい?

エピソード6特別支援学級か普通学級か??判断基準はどこにある?

第二章感覚統合を知る

エピソード7仕上げ歯磨きを嫌がる子は、我慢が足りないの??感覚統合という視点

エピソード8どうしてそんなに気が散るの??集中力がないように見える子たち

エピソード9子どもの貧乏ゆすり、しつけでなんとかできるもの?

エピソード10「あっち」や「こっち」では動けない!固まる我が子を動かす方法

エピソード11どうして姿勢が悪いのか??「やる気がない証拠」とは限らない

エピソード12どうして我慢できないの??やりたいことを先にやりたい子

第三章自分の当たり前を捨てる

エピソード13子どもの偏食、しつけでなんとかできるもの?

エピソード14「絶対今日はこの服で!」そのこだわり、許せますか?

エピソード15何度も何度も同じ本ばかり読むけれど、これって意味あるの?

エピソード16質問魔の我が子、ほんとに疲れる……どこまでも答えなきゃダメ?

エピソード17赤ちゃんにも意思がある?理解できない親はダメな親?

エピソード18書き順があまりにも自分ルールな子?学校での勉強や集団生活は大丈夫?

第四章自分の心の状態を知る

エピソード19発達症の子に、キレてもいいですか??子どもにイラっとしてしまったら

エピソード20みんなを待たせることは迷惑か?本当に優先すべきは何でしょう?

エピソード21わかっていてもしてしまう、子どもの宿題への口出し手出し

エピソード22子どもたちが言いたいこと、どこまで理解できますか?

エピソード23無反応?無視??返事をしない子にはどう対処したらいいの?

エピソード24どうしてがんばることができないの??根性論では解決できないトラウマからの回復

あとがき

ジャンル
職業/技術
発売日
2021
April 22
言語
JA
日本語
ページ数
112
ページ
発行者
インプレス
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
25.7
MB