• ¥2,000

発行者による作品情報

考古ボーイの13歳・加藤隼人は、ふとしたきっかけから、失われた世界へと旅する手段を知る。

最初の旅では旧石器人のマークと出会い、超ワイルドな原始生活を体験する。なんとか無事に現代に戻ってきた隼人は、遺跡発掘のチャンスを得て、ますます考古学の魅力に引き込まれていく。

次の縄文時代へのタイムトラベルでは、さらなる試練がハヤトを待ち受けているが……。

本書は、最前線に立つ考古学研究者が書いた物語です。旧石器人、縄文人の暮らしは、単なるファンタジーでなく、考古学的知識に基づき、科学的根拠のある描写となっています。

隼人の冒険を通して、きっと考古学のスリルと楽しさに出合えることでしょう。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019年
7月26日
言語
JA
日本語
ページ数
150
ページ
発行者
新泉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
51.8
MB