• ¥790

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。
※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。

Tower of the Sun
岡本太郎とあいみょん

あいみょんさん、なぜ、岡本太郎を敬愛するのですか?
TAROの魅力をあいみょんの視点を中心に構成した100ページの大特集!

絵画から、彫刻、家具、デザイン、写真、書、言葉まで、さまざまな方法で芸術観や人間観を表現した偉大な芸術家、岡本太郎。
TAROが亡くなる前年に生まれ、〈太陽の塔〉の下でライブをするのが夢、と公言するシンガーソングライター、あいみょん。
岡本太郎ゆかりの地に足繁く通い、著作や言葉を読み漁り、TAROをモチーフにした楽曲まで制作してきました。
それにしても、なぜ、岡本太郎をそこまで敬愛するのでしょうか?
大阪万博以来、48年の時を越えて内部が鮮やかに蘇った〈太陽の塔〉から、自邸・アトリエだった〈記念館〉、
作品を多数所蔵する〈美術館〉、「芸術は民衆のもの」という信念のもとに制作されたパブリックアートまで、
あいみょんと辿ることで岡本太郎の魅力に改めて迫ってみたいと思います!

Tower of the Sun
太陽の塔
あいみょん、太陽の塔に対峙する。

Three Faces 〈太陽の塔〉の3つの顔は過去・現在・未来を表す。
EXPO'70 戦後日本が描く未来に「ベラボーな」存在を。
Reborn 太郎の哲学を受け継ぎ、復元ではなく「再生」を。
Diagram 図解:太陽の塔
Space of Life 壮大な生命の歴史が表現された〈太陽の塔〉の胎内に潜入。

Interview 01 あいみょんが岡本太郎に出会った日。

Taro Okamoto Memorial Museum
岡本太郎記念館
創作の足跡と息づかいを感じる旧自邸・アトリエ。

Architects スター建築家との交流と仕事。
Network 領域も国境も超える、太郎の交流の輪。
Timeline TARO生誕110年。激動の歩みを追いかけます。
Family それぞれの独創的な人生を生き切った家族の面々。
Character 「多面体」太郎を知る。

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2021年
5月8日
言語
JA
日本語
ページ数
174
ページ
発行者
マガジンハウス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
108.2
MB

カーサブルータス編集部の他のブック

このシリーズの他のブック