• ¥880

発行者による作品情報

西南戦争を痛快に描く、松本清張賞受賞作。


大阪で与力の跡取りとして生まれた志方錬一郎は、明治維新で家が没落し、商家へ奉公していた。

時は明治10年、西南戦争が勃発。

武功をたてれば仕官の道も開けると考えた錬一郎は、意気込んで戦へ参加することに。

しかし、彼を待っていたのは、落ちこぼれの士族ばかりが集まる部隊だった――。


解説・末國善己


※この電子書籍は2019年7月に文藝春秋より刊行された単行本『へぼ侍』を加筆・修正した文庫版を底本としています。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
6月8日
言語
JA
日本語
ページ数
336
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
2.4
MB

坂上泉の他のブック