• ¥1,500

発行者による作品情報

【特別保存版】

〇「田中角栄研究——その金脈と人脈」全文掲載

池上彰 徹底解説

NHK入社二年目の私は、その記事をむさぼるように読んだ——


【THE BEST OF 立花隆】

〇司馬遼太郎×立花隆

「オウム真理教と日本の「悪」」

〇山中伸弥×立花隆

「iPS細胞の未来を語る」

〇僕のがんゲノム解読


〇壮絶な立花式取材の現場で/岡田朋敏

〇東大生たちに語った特別講義


【特別寄稿】「今こそ立花隆を読み返す」

山折哲雄/中野信子/恩田陸/国谷裕子/橋爪大三郎/読書猿/

瀬名秀明/吉川浩満/徳岡孝夫/片山杜秀/保阪正康


〇「知の巨人」からのメッセージ

「好き嫌いこそすべての始まり」


【連続ロングインタビュー】ぼくはこんな風に生きてきた

〇「橘隆志」が「立花隆」になるまで 聞き手・湯川豊

〇「田中角栄研究」と「日本共産党の研究」 聞き手・小林峻一

〇ロッキード裁判への執着 聞き手・堀鉄蔵

〇なぜ「宇宙」へ、そして「脳」へ 聞き手・中野不二男

〇インターネットの現在と未来 聞き手・野村進


【「立花隆」とはなにか?】

〇野坂昭如 あとは吉永小百合だけ

〇筑紫哲也 まれな種族

〇梅原猛 ソクラテス的意味における哲学者


【「立花隆」いくつもの「顔」】

〇女性週刊誌アンカーマン・立花隆 梨元勝

〇怖そうなひと・立花隆 蜷川真夫

〇文学青年・立花隆 青木克守


【グラビア】

〇知の砦「猫ビル」探検記

〇鬼才の脳を覗く!

〇ある日、こんなところの立花隆


〇立花ゼミ生が送る追悼メッセージ


【未発表草稿「形而上学」発見!】

〇立花隆が書きたかった仕事 緑慎也


〇年譜・全著作リスト

ジャンル
政治/時事
発売日
2021年
8月16日
言語
JA
日本語
ページ数
208
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
97.3
MB

文藝春秋の他のブック