• ¥1,500

発行者による作品情報

死に場所を求め、生きる女が、裏切りの果てに辿り着いた終焉の地とは。


ブルースに続く、『新たなダークヒロイン』の誕生!


釧路の街を、裏社会から牛耳る影山莉菜。

亡父・博人の血をひく青年を後継者として育て、官僚から代議士への道を歩ませようとしていた。

「男と違って、女のワルには、できないことがない」

亡き父の言葉を胸に、重い十字架を背負った女が、幾度もの裏切りの果てに――。


『ホテルローヤル』『家族じまい』を経てデビュー20年目の桜木紫乃が放つ最高傑作!

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2021年
9月24日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
2.2
MB

桜木紫乃の他のブック