• ¥2,600

発行者による作品情報

姿を消した人間を追跡するエキスパート、コルター・ショウ。

失踪人や逃亡犯に懸賞金がかかれば、彼が必ず探し出す。


なぜ若者は命を絶ったのか?

その謎を追い、コルター・ショウは山中のカルト村に潜入する。

ドンデン返しの魔術師ディーヴァーの新シリーズ、白熱の新展開。


ショウは教会を襲撃して逃走した若者二人組を追跡していた。難なく居場所を割り出して二人を見つけ出したショウだったが、

その眼前で一人が崖から身を投げて死亡してしまった。教会襲撃は冤罪で、いずれ疑いは晴れるはずだったのに――

自殺した若者は〈オシリス財団〉なるカルトグループの研修を受けていたという。彼は洗脳されたのではないか。調査を始めたショウは、

同カルトに関する記事を発表した記者が殺害されていたことを知る。〈オシリス財団〉が死の原因ならば、これ以上の犠牲を

阻止せねばならない。ショウは身分を隠し、ワシントン州の山中にあるカルト施設への潜入調査を決意した。指導者イーライのもと、

屈強な男たちが目を光らせるカルト村。ここで何が行なわれているのか。若者はなぜ自ら命を絶ったのか。この村に隠された真の目的とは?

武器なし。外部からの援軍なし。24時間の監視下で、ショウの孤独な戦いがはじまる。「静」の名探偵リンカーン・ライムに続いて

名手ディーヴァーが生み出した「動」の名探偵コルター・ショウ第二作。緊迫度、孤立無援度100%の傑作誕生。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
9月24日
言語
JA
日本語
ページ数
384
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.9
MB

ジェフリー・ディーヴァー & 池田真紀子の他のブック

このシリーズの他のブック