• ¥1,500

発行者による作品情報

【真珠湾攻撃80年】

山本五十六の密命を帯び、作戦の中心的役割を担った元参謀による歴史的回顧録!


魚雷の使えない浅い港湾、命中確率の低い水平爆撃、給油不可能な荒れる航路――開戦と同時に米太平洋艦隊の根拠地を叩く真珠湾作戦は、当初誰もが不可能と考えた。ただひとり、連合艦隊司令長官・山本五十六を除いて……山本の密命を帯びた著者は、いかにして不可能を可能としたのか。元参謀、驚愕の回想録。増補2篇「真珠湾奇襲と三人の提督」「淵田美津雄という男」収録。(解説・秦郁彦)


機密保持は?指揮官の人選は?

雷撃や爆撃の訓練方法は?空母編成は?攻撃目標は?

南方か北方か――接近航路は?

第二撃はなぜ行われなかったか?

山本五十六、大西瀧治郎、南雲忠一――三人の提督の素顔とは?

指揮官のあるべき姿とは?

そもそも、奇襲は必要だったのか?


戦史的観点から真珠湾攻撃を観察しようとする人々にとって、本書は不可欠の文献である(※秦郁彦氏の解説より)

ジャンル
歴史
発売日
2021年
10月6日
言語
JA
日本語
ページ数
352
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
23
MB