• ¥2,800

発行者による作品情報

ドストエフスキー生誕200年記念出版。

かつて外務省でモスクワ大使館に勤務した著者は、ソ連邦の崩壊に立ち会うことになった。宗教を否定する社会主義の理想が潰え、ふたたび神を求める時代が始まった。

そうした事態を19世紀にすでに預言していたと著者が考えたのが、文豪・ドストエフスキーである。

『カラマーゾフの兄弟』のかの有名な「大審問官」は、はたして何を示しているのか?

『罪と罰』でラスコーリニコフはなぜ回心したのか?

外交官としての仕事のかたわら、ドストエフスキーを解読する日々が始まった。

尊敬するチェコの神学者・フロマートカや、同じくチェコの哲学者・政治家のマサリクの著作が大いなる手助けとなる。

そして、モスクワとプラハを往還する著者の思索の旅は、ついに終わりの日を迎える??

現代史の現場から生み出された、これまでにないドストエフスキー論。

ジャンル
歴史
発売日
2021年
11月9日
言語
JA
日本語
ページ数
584
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3.1
MB

佐藤優の他のブック

2022年
2014年
2012年
2015年
2016年
2021年