書物印刷概‪論‬

    • ¥550
    • ¥550

発行者による作品情報

本書は、ウィリアム・モリスによる書物印刷の歴史と哲学を凝縮した論文で、ケルムスコット・プレスの共同運営者エメリー・ウォーカーとの共著。1893年発行の論文集『アーツ・アンド・クラフツ・エッセイズ』掲載『書物印刷概論(原題:Printing)』の新訳です。印刷の歴史に貢献した人物や書体の紹介、タイポグラフィやオリジナル書体作り、紙面レイアウトなどの書物制作哲学も具体的に解説され、ケルムスコット・プレスの精神が記された実践書ともいえる内容です。理想とする書物をつくるために徹底してこだわり、厳しくも愛情をもった書物への熱い思いが、歴史的遺産への深い憧憬と共に語られる書物印刷論の古典です。

ジャンル
職業/技術
発売日
2021年
12月22日
言語
JA
日本語
ページ数
30
ページ
発行者
万象堂
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.5
MB

ウィリアム・モリス, エメリー・ウォーカー & はやみずあゆみの他のブック

2013年
2021年
2021年
2022年
2021年
2021年