• ¥200

発行者による作品情報

気がついたら寒さに震えていた。夢の中だと思っていた。

…しかし、そこは鬼が咆哮し、白い得体のしれないモノが漂う異世界だった。


どうしてここにいるのか、どうすればここから逃れられるのか。

食べるのか食べないのか、前に進むのか振り向くのか、迫られる選択の意味するものは!?


幻想怪奇の世界を豊富なビジョンで描き出すホラー中編

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
3月16日
言語
JA
日本語
ページ数
34
ページ
発行者
Doncha.net
販売元
tetsuaki iida
サイズ
321.1
KB

日野裕太郎の他のブック