• ¥200

発行者による作品情報

工事中だったのだろうか、夏草が茂る空き地の穴に転落してしまった史郎。穴の底から地上まで5mほどあった。穴はフラスコ状となっていて、底の部分は10畳ほどある。穴の底が柔らかくふっくらとした土で助かった。


しかし、首から下が動かない、感覚がなく痛みも感じない。5mほどの高さから転落したのだ。意識はあるが身体が動かない、重傷を負っている。


だが、史郎は穴の底でひとりではなかった。


そこには、血まみれの少女と、死体がひとつ。


ふたりとひとつの思いが錯綜する、青春サスペンス物語。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2013
3月15日
言語
JA
日本語
ページ数
52
ページ
発行者
Doncha.net
販売元
tetsuaki iida
サイズ
663.6
KB

日野裕太郎の他のブック