震雷の‪人‬

    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

★中華時代小説の新鋭が放つ、松本清張賞受賞の大河武侠小説


〈安史の乱〉により未曾有の混乱に陥った唐で、

言葉の力を信じ、戦禍の流れを変えるべく奔走した顔季明。

彼の言葉を胸に、武芸に秀でた許嫁の張采春は故郷を出奔し、

采春の兄の張永は叛乱軍との戦へ身を投じた。

袂を分かった兄妹の運命は戦場にて思わぬ形で交差する――。


約3600万人もの犠牲者が出たと言われる〈安史の乱〉を背景に、

言葉の力で世を動かしたいという一心で文官を志す名家の青年と、

理不尽な理由で世間からつまはじきにされてきた地方の兄妹の

運命の出会いが唐の歴史を大きく動かす。

手に汗握るアクション、ハラハラする謀略、

そしてかけがえのない友情と愛情……。

そのすべてが詰まった、圧倒的スケールの武侠小説登場!

(解説三田主水)


第27回松本清張賞受賞作。


※この電子書籍は2020年9月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
6月7日
言語
JA
日本語
ページ数
400
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3.7
MB

千葉ともこの他のブック