いけない II

    • 3.5 • 6件の評価
    • ¥1,700
    • ¥1,700

発行者による作品情報

大きな話題を読んだ”体験型ミステリー”第2弾。


第一章「明神の滝に祈ってはいけない」

桃花はひとり明神の滝に向かっていた。一年前に忽然と姿を消した

姉・緋里花のSNS裏アカウントを、昨晩見つけたためだ。

失踪する直前の投稿を見た桃花には、

あの日、大切にしていた「てりべあ先生」を連れて

姉が明神の滝に願い事をしに行ったとしか思えない。

手がかりを求めて向かった観瀑台で桃花が出会ったのは、

滝の伝説を知る人物だった。


第二章「首なし男を助けてはいけない」

夏祭りの日、少年は二人の仲間を連れて大好きな伯父さんを訪ねる。

今夜、親たちに内緒で行う肝試し、その言い出しっぺであるタニユウに

「どっきり」を仕掛けるため、伯父さんに協力してもらうのだ。

伯父さんは三十年近くも自室にひきこもって、奇妙な「首吊り人形」を作っている。

その人形を借りて、タニユウの作り話に出てきたバケモノを出現させようというのだ。


第三章「その映像を調べてはいけない」

「昨夜……息子を殺しまして」。

年老いた容疑者の自白によれば、

息子の暴力に耐えかねて相手を刺し殺し、

遺体を橋の上から川に流したという。

だが、その遺体がどこにも見つからない。

必死で捜索をつづける隈島刑事は、やがてある「決定的な映像」へとたどり着く。

彼は先輩刑事とともに映像を分析しはじめ――

しかし、それが刑事たちの運命を大きく変えていく。


そして、書き下ろしの終章「????????はいけない」

――すべての謎がつながっていく。前作を凌ぐ、驚愕のラストが待つ!

各話の最終ページにしかけられたトリックも、いよいよ鮮やかです。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2022年
9月22日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3
MB

道尾秀介の他のブック

2008年
2011年
2010年
2010年
2013年
2009年

このシリーズの他のブック