虚構の‪森‬

    • ¥2,200
    • ¥2,200

発行者による作品情報

SDGsが大流行の昨今。環境問題の大切さはよくわかっていても、「地球温暖化とCO2排出量は関係ない」「いやある!」、「緑のダムがあれば洪水や山崩れは防げる」「いや防げない!」などなど、環境問題に関しては異論だらけで、果たして何が正解かわかりません。さらに地球環境を巡ってはさまざまな“常識”も繰り広げられています。しかし、それをそのまま信じてもいいのでしょうか? 本書は、そうした思い込みに対して、もう一度一つ一つ検証を試みました。 「森の常識」を元につくられた“環境問題の世論″に異論を申し立て、不都合な真実を明らかにした一冊です。

環境問題なんて「自分には関係ない」と考えていた私たちが直面したのが、度重なる気象変動と新型コロナ感染症のパンデミックでした。「関係ない」とは言っていられないほど、地球環境の悪化は深刻です。現在、世界中の科学者たちが必死に地球環境について予測し、警告を発しています。信じたくない予測が多いですが、全体としては想定どおりに危機が進行しています。自分にとって不都合な事態であり「信じたくない未来」であっても、未来を生きる若い世代のためにこそ、環境問題はいま考えるべきものなのです。SDGsの落とし穴にはまらないためにも、森林環境の情報リテラシーを磨きましょう!

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2021年
11月30日
言語
JA
日本語
ページ数
216
ページ
発行者
新泉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
12.5
MB

田中淳夫の他のブック

2015年
2021年
2020年