• ¥420

発行者による作品情報

村上龍の自伝的小説「69」iBooksで登場!


「決めた、七月十九日の終業式、屋上ば、バリケード封鎖する」


1969年、学園紛争の嵐が吹き荒れ、ベトナムでは戦争が続いていて、ヒッピーが愛と平和を訴え、BGMはビートルズとR.ストーンズだった...。


九州西端の米軍基地の街、高校3年に進級したヤザキは、「女生徒の気を惹くために」バリケード封鎖を決行する。


爽快感とエネルギーに充ちあふれた、青春文学の金字塔。2004年、脚本・宮藤官九郎、監督・李相日で、映画化され話題となった。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
11月6日
言語
JA
日本語
ページ数
163
ページ
発行者
村上龍電子本製作所/G2010
販売元
G2010 Co, Ltd.
サイズ
24
MB

カスタマーレビュー

Link_X_All_X

やっぱり、今有名な人が書いたのは、面白いんですね。当たり前ですが。

本は全く読まないのですが、iPhoneにiBooksが入っていたので、それで目にとまったので、ダウンロードしてみました。
この作者さんは、よくその経済番組に大好きな経営者の方々がご出演されるので、それにご出演されている事しか知らなかった為、本を書いていることに驚きました。
それほど、本を読まないのですが、そういう潜在的な観念を取っ払ったとしても面白い作品でした。
レビューで批判があったので、正直、躍起になってiPhoneを触る理由がなければ読まなかったのですが、私は面白い作品だと思いました。

ソウェルル

69

年代が上の青春でしたが、
たいへん面白い話でした。

のこののののののののののこ

ユーモアと皮肉に満ちた嘆きの青春

「アダマは、一九六〇年代の終わりに充ちていたある何かを信じていて、その何かに忠実だったのである。その何かを説明するのは難しい。
その何かは僕達を自由にする。単一の価値観に縛られることから僕達を自由にするのだ。」(本文より)

村上龍の他のブック