• ¥250

発行者による作品情報

湖の女神「アラリ・ノ」の病におかされ水の住人となってしまった幼なじみのノイノイ。

彼女と彼女の恋人である従兄弟はもういない。

祈祷師とふたり、アラリ・ノの湖へノイノイに会いに行く。


…彼女を思うあまり犯した罪と向き合う旅に出る。


*****


「それだけは、いかん」

「僕は」

「湖だろうとどこだろうと、自分で死のうなんて、そんなだいそれたことはいかん」

そこで祈祷師は咳きこんだ。

「すみません」

「生き死には、人間が勝手にしていいもんじゃない。神や精霊や、人間とはべつの目を持った方々が決めて行うもんだ」

自分の吐瀉物に土をかぶせ、彼はかぶりを振る。

「おまえさんの親父さんたちが、土に呑まれて逝きなさった。そうだな?」

「はい」

「人間とはべつの目を持つ方々は、いつも気まぐれで残酷でいらっしゃる。人間の意思など汲んでくださらん。生き死にとは、そういう場所で扱われるものだよ」

僕を一瞥した祈祷師の目は、傷ついて濡れていた。

「なにが原因で、なにを考えて、なんでまたおまえさんが死のうとしたかは知らん。だが、その結論だけはいただけん。人間の領分ではないんだ」

「人間には……そんな権利はないと?」

「そうだ。それを行う場所にいるのが、神ってものだ。人間には、生き死ににまつわる暗い場所を見て、それに耐えられる目がない。そんなものを、のぞきこもうとしちゃいかん。おまえさんが見るべきものは、もっとべつにあるはずだ」

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2014
5月25日
言語
JA
日本語
ページ数
42
ページ
発行者
Doncha.net
販売元
tetsuaki iida
サイズ
1.3
MB

日野裕太郎 & ハルノブの他のブック