• ¥400

発行者による作品情報

短中編2本収録。

『水影に赤をきく』

肥沃な大地を奪い合う。守るべき家族の前、他人の生命などあまりに軽い。残された兄弟たちのために家長(アード)として懸命にふるまうしかなかった。


『見えない手と手をつないできみと』

姉、妹と三人を残し村が水に飲まれた――帰るべき場所を夢想し、成長した彼が見つけた居場所とは。幼い妹と別れ、姉を婚礼に送り出し、水の底に沈んだ父の面影と母の思い出を胸に家族を築く。


*****


うっかり踏みそうになって、ト・ワンは謝りそうになる。

とっさに言葉を飲んだ。吹いた生臭い風に呼吸を止め、自嘲気味に笑う。

謝る?

踏みそうになったから?

自分が殺した相手だというのに?

手にした銅剣にこびりついた血を、横たわった男の背でぬぐう。

歩き出すト・ワンの耳に、誰かの叫びが、怒号が、断末魔が届いた。


*****


ひとりでよそに行くことになった、と告げられて、リタルはやはり泣いた。

姉にすがることもなく、兄にすがることもなく、リタルはひとりで身をちぢめて泣いた。

ちいさな妹は、村を失って以来身につけたものがあった――あきらめることだ。


*****


祝いごととするには、あまりに質素な式だった。

だが新郎新婦を祝福する友人たちの顔に嘘はなく、誰もが寿ぎを惜しみなく与えている。

マー・マーも祝福した。

姉は幸せにならなければならない。

妹も幸せにならなければならない。

自分の目の届かない場所に行く姉妹が、マー・マーは気がかりだった。だが自分がいなくても、姉妹は幸せになれる。

ジャンル
小説/文学
発売日
2014
6月27日
言語
JA
日本語
ページ数
63
ページ
発行者
Doncha.net
販売元
tetsuaki iida
サイズ
1.7
MB

日野裕太郎 & ハルノブの他のブック