• ¥850

発行者による作品情報

原発の安全性には疑問符がつきまとう。とはいえ、すぐに原発をやめるわけにはいかない。現代社会にエネルギーは不可欠で、今の技術レベルの太陽光や風力発電では、とても原発に代替できないからだ。が、このジレンマは解決できると著者は言う。燃料形態を液体に代え、ウランを燃料とすることをやめ、炉を小型化することで、原発は格段に安全になるのだ、と。この方式は今、世界のエネルギー関係者に「福音の原発」として注目されている。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2011
5月20日
言語
JA
日本語
ページ数
247
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
9.9
MB